旅と料理と日々のこと From ハワイ


by madame-ym
カレンダー

<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ロイヤルパークホテルで六本木男声合唱団倶楽部のディナーショーがありました。
うちの徹ちゃん(夫)が入っているこの合唱団は、ちょっとすごい。

1999年にエイズ撲滅のチャリティーコンサートのため「元美少年合唱団」として発足。そのまま歌好きの人たちで続いています。
名誉会長が 元内閣総理大臣 羽田孜氏!代表が作曲家の三枝成彰氏など各界の蒼々たるメンバーが団員です。

e0015343_0314229.jpg今回出演の有名人
右から司会の露木茂さん(アナウンサー)三枝成彰さん(作曲家)高野孟さん(政治評論家)板井典夫(料理家マロンちゃん)ケントギルバードさん(弁護士)辰巳琢郎さん(俳優)





e0015343_0395212.jpg笑顔の咲く街
喫煙マナーキャンペーンの歌
これは歌詞に「(吸殻を)捨てなーいで」とあるので、それにかけて、女性を連れてきて「捨てないで」とすがり付いている所。白い服が私。(先日高田万由子さんから買った服)
辰巳さんはさすが俳優。引っ張ってきた若い女性に迫真の演技ですがっていました。


e0015343_0452193.jpge0015343_0453652.jpg










ゲストのオペラ歌手中丸三千繪さん熱唱!

e0015343_0495418.jpg




















カンタータ「天涯」

この歌はボーイソプラノが入るのでいつも子供が出演。澄んだ声で「僕は祈っていたんだよ。死んだ人があの世で退屈しないように・・・・」と歌います。私は父が去年亡くなったので、この歌を聴くと父のことを考えます。ミサ曲など宗教曲で日本語だとよくわかってジーンと来ます。
この曲はソニーの盛田さんが三枝さんにお願いした曲です。1月にハワイの演奏会で歌う予定です。


六男のレクイエムもすっごくいいです。(三浦綾子さん作詞、三枝成彰さん作曲)
日本語のレクイエムで2003年ウイーン公演でも歌いましたが、泣けます。




e0015343_184368.jpge0015343_185828.jpg










岩城宏之さんの指揮でピースロード(地雷撲滅キャンペーンの歌)とウボイ(クロアチアの曲)
岩城さんは8月に長崎でレクイエムを歌ったとき指揮してくださいました。原爆記念日でした。みんな泣きました。指揮者も団員も観客も・・・。すばらしい指揮者だと思います。
 なぜか私は20年ほど前、5回ほどお食事を一緒にしたりコンサートにご招待いただきました。「鯖の味噌煮」を御所望で、恐れ多くも私が作らせていただきました。覚えていらっしゃるかしらん?

e0015343_1194823.jpg 林真理子さんは女性ではありますが、名誉会員です。
ご主人と弟が団員です。きょうは弟さん(写真左から3番目)に昔のエピソーソをご披露いただきました。(すっごく似ています。真理子さん痩せました!)
 林真理子さんは歌の勉強をしていて、いつもディナーショーで歌うのですが、今回はプロの中丸さんがゲストでしたので歌いませんでした。
 「皆さんお気づきでないでしょうが、前回私が歌ったのと同じ歌を今日中丸さんが歌われました。あまりの違いに、同じ歌とは思えない・・・」だってあちらはプロですから・・・。

e0015343_1315690.jpge0015343_132841.jpg










六男の持ち歌「鉄人28号」を楽しげに歌う皆さん。本当に老いも若きもってかんじ。
「鉄人28号」は六男が歌っています。CDも出しています。オリコンで70番台になったこともあります。


e0015343_1352047.jpg今回は立食パーティーでしたので観客はこんなかんじ。ヒールの靴だとつらい・・・。(その代わり安い)
座っているのはシルバー席です。
この団で「若い人は手伝ってください」って言われると、60歳以下の人・・・。最高齢は80歳代。まだまだ座れそうも無いです。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-13 23:00 | 徒然
 原宿にある、中国家庭料理の店 トンポーに行きました。
 ハーミーさんと宙漢(ハンゾウ)さんの姉弟でやっている小さなお店です。(ハーミーさんは妹と兄ですと言い張っていますが・・・)12人くらい入れば一杯で、ほとんどがというか全員常連さんです。黒板にかいてあるメニューから選びます。

 ここのすごいところは、火(コンロ)がひとつ鍋もひとつ、まな板もひとつ、そしてもちろん料理人もひとり・・・。で、全部の料理を作ります。コンロが2個しかない・・・と文句を言っていた私は恥ずかしいかも・・・。はんぞうさんすごいですう!!

e0015343_1225653.jpgコンロ1個、鍋1個、別に野菜も切ってあるわけではなく、目の前でちゃちゃーっと切り、くるっと振り向いて炒めるのです。バァっと火が上がってすごい迫力!







e0015343_1264363.jpgじゃがいもとセロリ
黒板にはこんなかんじに材料だけ書いてあります。じゃがいもとセロリを千切りにして炒めただけ。
で、あまりにおいしいので調味料を聞くと、「油としょうゆ」ですって?油はごま油?「いや普通の」じゃあしょうゆが中国の特別に味が付いたのでしょ?「いや、ヤマサだよ」ええーっ!というわけでしつこく観察しましたが、油としょうゆのみ・・・。この味は何・・・??おそるべしハンゾウ!今度うちでやってみよう・・・。ヤマサで・・・。

e0015343_1343276.jpg揚げとネギ
揚げとねぎの炒め物。これは塩と山椒が入っていました。胡椒よりいいかも。
揚げがかりかりでねぎが甘くておいしい。似たようなのを時々作りますが生姜醤油で食べていました。塩と山椒はいいねえ。





e0015343_1384769.jpge0015343_139277.jpg










水餃子
これぞ中国家庭料理ってかんじ。
皮は厚めでむっちり、中はさっぱり。いくつでも食べられちゃう。


e0015343_1422447.jpg腐乳
臭いから腐乳って好きじゃなかったんだけど、これはおいしおいし!白菜いためあんかけみたいなかんじ。ごはんにかけて食べたいな。







e0015343_145219.jpgマーボー豆腐
出ました!!トンポー名物激辛マーボー。丼にあふれんばかりに・・・。
こんな辛いのを出していいのか!!ってくらい辛い。私は一口で口の感覚がなくなり、以降30分くらい何もわからなかったです。お茶を飲もうとしても、痛くて飲めないし、ご飯を混ぜても焼け石に水・・・。唇も口の中も痛いので、きっとのども胃も腸も痛かったろうなあ・・・。
でもほとんどの人が頼んでいました。私達はこれを4人で食べたのですが、一人で1杯食べてる人がいました。どういう味覚しているんだろう・・・。
 これについては酒徒善人さん(知らない人だけど)が詳しくレポートしていたのでご覧ください。

e0015343_152532.jpgつばきの芽と豆腐
これは私の隣の人が食べてたもの。つばきって椿かなーと隣の人が頼んだときから気になっていたもの。(隣はひとりで来ている30代はじめくらいの女性でした)
で、じーっと見ていたら食いしん坊のHが目ざとく見つけて「あーおいひそうだねー」と麻痺した舌で言うものだから「召し上がりますか?」と言ってくれました。すかさず「はいっ!ぜひっ!!」
と小皿にもらって食べているとHが「ずうずうしいもの勝ちだねえ」と言っていました。うーんずうずうしいのは私かHか??どっち??
ちなみにHも食べました。

 そう、こうして見てみると、普通の中華料理屋に無いものが多いですよね。材料も決して豪華ではないし・・・。上海蟹フカヒレって店でもないし、チャーハンやチンジャオロースー、酢豚、焼き餃子って店でもないしね。
 一人で来ている人は何か1皿か2皿にご飯で夕飯ってかんじでした。私達はビールや紹興酒飲んでひとり5000円でした。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-12 23:00 | グルメ
 私と徹ちゃん(夫)はヒロのパスタランチが気に入っています。
何といっても安いし、パスタがうまい!!おまけにデザートが買ってくるのとは違う、持って帰れないデザートなのです。(変わってます。)

 丸ビルのヒロ・チェントロは1500円、青山で1800円
メニューは大体同じで、パスタ、デザート、コーヒー。
これは予約できないので、チェントロは並ばなければなりません。11時30分までに行くか、1時半以降に行けば大体すぐに入れます。

 きのうは青山でお葬式があったので、終わってから何か食べようということになって、迷わずヒロへ。(先月&今月は行事が多すぎて金欠)
e0015343_052322.jpgこれはおまけ
のんべえの友人が酒の肴にとったもの。
秋刀魚のカルパッチオ風、上はルッコラ、下の黄色い透明のは、トマトのジェリー。トマトは布でこすと透明になるのです。それをジェリーでとろとろにしたもの。最近スペインで流行っています。
そうそう青山のシェフはスペインのサンセバスチャンの一つ星のレストラン「ムガリッツ」にいました。最近帰ってきてシェフになりました。斬新な料理が出ると思います。

e0015343_0591980.jpg
いけないと思いつつも、ここのフォカッチャはおいしくて、どうしても2個は食べてしまいます。パスタランチのときはいいけど、コースのときは我慢した方がいいです。






e0015343_0592746.jpge0015343_059453.jpg










今日はこの二つからのチョイスでした。
左:きのことからすみ  ほんのりぴりっとして徹ちゃん満足!
右:ホロホロ鳥      なんだかラーメン味でおいしい・・・。まさか味覇(ウエイパー)いれて
              ないでしょうねー??今度うちで入れてみよう・・・。



e0015343_174100.jpg

ひとり肉嫌いのEが手長海老をとりました。これはちょっと高い。でも豪華。








e0015343_184730.jpg
デザート盛り合わせ。










e0015343_193256.jpg
いちじくのコンポートにいちじくの葉で香りをつけた牛乳シャーベット
いちじくの葉で香りを付けた・・・なんてぎょっとしましたが、おいしいです。ほんのりの香りがいいです。バニラアイスではなく、軽い牛乳シャーベットにしたのもいい。





e0015343_1122316.jpge0015343_114121.jpg










クレームブリュレの泡版                  ティラミスの泡版
どちらも魂のワンスプーン!!

e0015343_1163064.jpg ヒロでは夜でもカプチーノにしてしまう・・・。お腹一杯でも・・・。イリーのコーヒーだし、カプチーノがおいしいのです。
 カプチーノって結構入れるのむつかしいのです。下手な人が入れると、たとえイリーでもおいしくないのです。






 考えてみたらちゃんとした喫茶店でカプチーノ頼むと700円くらいしますよね。それにデザートとパスタ(しかもおいしい)も付いて1500円(青山は1800円)は安いよねー。
 いつまでも是非この価格でお願いします。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-11 23:00 | グルメ

福蘭

外苑前に餃子を食べに行きました。
以前より友人Hに「うまい餃子やがある」ときいていたところです。

外苑前の青山ベルコモンズから外苑西通りを北へ少し行った右側です。
e0015343_1121770.jpg

取材お断りの店なのでこっそりとりました。ごめんなさい・・・。
これは「プーラン」ってよむのかしら?






行く前にHからは、色々注意がありました。
①愛想は全く無いから、食べるだけが目的で行くこと
②店の人に声をかけてはいけない。しかられます
③麺類は食べてはいけない    などなど
e0015343_1121820.jpge0015343_1141074.jpg









  



店内はこんなかんじ。昔懐かしい食堂ってかんじです。  入り口にはこんな張り紙が・・・
テーブル席も右側にあります。常連ばっかり。        「人手不足のためご迷惑をおかけ
                                    しますが、こちらから声をかける
                                    までそのままお待ちください」

 愛想の無い不機嫌そうなおばさんがいるのですが、かんじは悪くない。しかもHが話しかけるとにっこりしながら答えてくれるのです。それもそのはず、10年来の常連とのこと。
 別の友人の話によると、姉妹でやっていて、忙しくなると中国語で喧嘩をはじめるらしい。それも見たかったな。


e0015343_125295.jpg餃子
ちょっと変わっている。
まず揚げて、その後とろっとした汁で煮る。焼き餃子でもなく揚げ餃子でもなく水餃子でもない・・・。
こくがあっておいしい。いつも食べてる餃子とは別物としておいしい。
たれはおいしいけどすっごいにんにくが入っている。次の朝自分の口臭にびっくりするくらい!(歯充分みがいたのにぃ)





e0015343_1252275.jpgしゅうまい
私が失敗したときのしゅうまいのような形をしている。そうか、あれは失敗ではなかったのだ・・・。
味はすごくおいしい。餃子と同じたれで食べる。





他に豚足煮を食べた。
軽く飲むか、前菜くらいのつもりで行くといい。(私達は中華を食べてから行ったので、うーっぷでしたが)

 載せちゃってごめんなさい。個人のだから許してね。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-10 23:00 | グルメ

El Bulli(エル・ブリ)

 エル・ブリというレストランをご存知ですか?
多分今、世界で一番予約が取りにくいレストランでしょう。

 何しろ世界中のシェフが「エルブリ行ったか?」というのが合言葉になっていたという伝説があるくらいなのですから・・・。

食べ物の運が異常にいい私は、これで4年行っています。初めの2回はなぜか予約が取れました。ここ2回は予約が取れる人にくっついて行っています。今年は6月に行ってきました。詳しくはMadame-Yのホームページをご覧ください。

e0015343_3133279.jpge0015343_3135068.jpg








写真左:フェランさんとキッチンで
写真上:オーナーのソレルさんと山田シェフ
山田シェフはフェランともオーナーとも友達


 エル・ブリはフェラン・アドリアというスペイン人がやっているレストランで、場所はバルセロナから車で3時間くらいのコスタブラバというリゾートにあります。もちろんミシュラン三ツ星で、スペイン独自の食べ物評価本でも1番です。
 そいういとみんなに「そんなにおいしいの?」と聞かれるのですが、おいしいのまずいのの問題ではないレストランなのです。写真はありますが、多分見ても聞いても解りません。だって今までどこでも食べたことの無いものなのですから・・・。それが1コース30品以上出るのです。(1皿5分で食べても150分かかります)ずーっと皿が出た後友人が「前菜はあと何品出るのですか?」と聞いたら「まだ前菜に入っていません」と言われました。ヒェー!
 ここ何回かは料理人ばかりで行っているので、一品出るたびにきゃーきゃー大騒ぎです。で、最後の一品が出る頃は日付も替わり、みんなぐったり・・・。


e0015343_3191745.jpge0015343_3192954.jpg








 エル・ブリは4月から9月末まで半年の営業で、あとの半年は来年のメニューの研究をしています。(研究所はバルセロナの市場の近く)ここ何年かは毎年日本に来ています。時々日本独自の食品が使われていて面白いです。



 まあMadame-Yのホームページの写真を見て想像ください。
写真はしばらく前にアップしましたが、解説は今日書き入れました。遅くなりまして申し訳ありません・・・。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-09 23:00 | グルメ

Benoiton(ブノアトン)

きのうの続きです・・・。

 そう湯河原の「ブレッド&サーカス」の後、伊勢原のBenoitonへ。
伊勢原駅からタクシー!そうまでして行くかーってかんじ。

でもやっぱり良かった。

e0015343_2258378.jpg

伊勢原市板戸645-5

TEL&FAX:0463-91-6710

小田急伊勢原駅北口よりバス「鶴巻温泉行き」
「八雲神社前」下車。進行方向へ少し歩き信号を左に曲がると、右側にあります。


e0015343_22565055.jpg
到着した頃は陽もとっぷり暮れ、店にはパンがほとんどなく・・・。
でも抜かりは無い私達、お昼にお取り置きの電話をしておいたのです!!






e0015343_2341841.jpgシュトーレン
冷蔵庫で2ヶ月OKとのこと。クリスマスに食べれるように購入!!小が1050円でした。楽しみです。








e0015343_23121475.jpg
私がが購入した徹ちゃん(夫)へのみやげ。甘いものが好きなの。

ベリーデニッシュ
バナナカスタードクレープ
メープルシロップ
アンチョビーラスク



バナナカスタードクレープは全部好きなものばかりなんですが(焼いたバナナ、カスタード、クレープそれぞれ大好き)クレープが分厚くてクニュっとした食感がいまいちでした。少し温めてみましたがクニュは変わらず・・・。

e0015343_23221981.jpge0015343_23393122.jpg










ベリーデニッシュはすっごくおいしい!あまり甘くなく、ベリー類の酸味とカスタードの甘さがマッチ!ケーキやタルトよりやさしい味です。220円。
*この袋に入ったメープルシロップはおいしいと先生が言っていたので買ってみました。量り売りでこれは230円位。あまりあっても余っちゃうしね。包みがちょっとセンスいいですね。

e0015343_23465714.jpg

そうそう、ここはパン屋さんでした!!こんなかんじ。本格的!!パリでもちゃんとしたパン屋にいかなくてはこんないい顔したパンにはお目にかかれない!
そう相変わらずですが、バケットはすでに食べてしまって写真ありません。でも本当にハンサムでした。思ったとおりの味!期待を裏切りません。

e0015343_235087.jpg

ここはこんなギフトセットがあります。3150円(送料別)地方発送可ですか。うれしいですねー。




 こうしてみると、ブレッド&サーカスはフランスの田舎の昔ながらのパン屋さん、ブノアトンはパリの評判のパン屋さん といったところでしょうか?
みんなで行くと、半分づつや1/4とかづつ分け合えるし道中も楽しいし、又行きましょうねー。冷凍庫のパンがなくなった頃に・・・。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-08 23:58 | グルメ

ブレッド&サーカス

 きょうは湯河原にあるブレッド&サーカスという評判の天然酵母のパン屋さんへパンを買いに行きました。(大宮から来ている人もいました・・・。2時間半以上ですよね?岐阜の実家に帰れてしまうわ)
 まず、11時に早川駅(小田原のひとつ静岡寄り)で待ち合わせ、ヒロマーレでランチ。月曜休みなのを無理に開けてもらったの。ごめんなさい・・・。(このレポートはまたこの次に)

 で、食後湯河原へ。
ブレッド&サーカスは湯河原の駅前の階段を下りて、一つ目の信号を左に行くと右側にあります。
e0015343_0263076.jpge0015343_0282599.jpg










こんな赤いかわいいお店。


e0015343_0285820.jpg

いかにも天然酵母のパンをこだわって焼いているかんじのふたり。店内には田舎風の棚とそこかしこにいろいろなパン。ハード系の私の好きなパン!!天然酵母の香りが充満しています。
 私パンを始めたばかりでよく知らなかったのですが、天然酵母は醗酵がゆっくりなため色々な風味が出ますが、時間がかかり商業ベースに乗せるのはなかなか難しいのです。おじさんも私達に焼きたてを持っていって欲しかったらしいのですが、5時くらいしか焼きあがらない・・・とのことで、今回は棚にあるパンをいただきました。

e0015343_0364346.jpg
フランスのパン屋さんのような棚。
みんなそれぞれ1/4づつ分けてもらったり、あれだこれだと店内をうろつきまわり、お会計の際も大変ご迷惑をおかけしました。

 パンにはそれぞれかなり詳しい説明が付いています。奥様がご主人の作るパンに愛情を持っているのが伝わります。










e0015343_0371758.jpg
我々御一行様で混み合う店内。
みなさん買ってる量が半端じゃない・・・。
見よ!この真剣な顔!!



e0015343_058236.jpg




 おいしそうでしょ?!

リアルカンパーニュ600円です。



e0015343_0592730.jpge0015343_101926.jpg










e0015343_124421.jpg
                 カリフォルニアソフト265円
e0015343_13421.jpge0015343_15071.jpg










フルーツホーン514円
e0015343_182244.jpge0015343_1101617.jpg










これはうすーく切ってクリームチーズかサワークリームを付けるとおいしそう・・・。


        フルーツバンドル
e0015343_1132313.jpge0015343_1134345.jpg










e0015343_114920.jpg
私達がいる間に焼きあがったフルーツバンドル。
左は丸毎(紐で結わえてあります)右はその切り口。くるみとドライフルーツが入っていて香ばしい!
友人と半分づつにしてもらい、熱々をかじりました!!




なつめやしといちじくの甘めのパン 400円
e0015343_1231075.jpge0015343_123258.jpg









プンパニッケル 650円
e0015343_1292012.jpg

e0015343_1294164.jpge0015343_1295584.jpg










ポテトクラウン
e0015343_136041.jpg

人気のポテトクラウン。
直径30cm重さ1.2kg
トーストしたりサンドイッチにするとおいしいそうです。







 まだまだいっぱい買いましたが、ご紹介はこのくらいで・・・。(他にもカンパーニュ、ルヴァン、ブール、ライコンブレなどいろいろあります)
 バナナブレッドやチョコレートローフなどのお菓子もあります。



注文、発送もしてくれるので湯河原までとても・・・と言う方は取り寄せてみたら??絶対満足よ!


 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥4-2-16
TEL:FAX:0465-62-6789
木曜と第1&3日曜日 休み





 その後伊勢原にある「ブノワトン」に行った頃にはすっかり陽も落ち・・・。
そこでもまたすっごく買い、重い荷物を抱えて、新宿経由自宅まで・・・・。パンって重いのね。特に天然酵母のハード系のは・・・。(ブノワトンのレポートは又の機会に・・・)

 徹さん(夫)はとっくに帰宅しており、駅まで迎えにきてくれました。(5分なんですけどね)
ブノワトンでおまけにいただいたカツサンドと戦利品の数々のパン、スープとサラダで簡単な夕飯となりました。
 「遅くまで何してたー」ではなく、買ってきたものすごい量のパンを解説する私の話にのって、きゃーきゃー一緒に喜こんでくれた徹ちゃん、ありがとう!!やさしい夫なのです。


そして全てのパンを試食した後(うーおなかいっぱい)、半分は冷凍庫に、残りは明日かなー?
[PR]
by madame-ym | 2005-11-07 23:00 | グルメ

フリマ

 きのうタレントの高田万由子さんの実家でフリマがありました。以前は時々やっていて、万由子さんがだんなさんにお土産で買ったグッチの靴のサイズが合わなくて売りに出していたのを徹ちゃん(夫)が買いました。なぜかぴったりあったのです。愛用しています。

 今回は午前中料理教室があったので出遅れて、もうほとんどめぼしいものが売れてしまっていましたが、2000円均一のところに、とてもかわいい服があったので交渉して3枚4000円で買いました。あまりにサイズがぴったしだったので「これ誰の?」と聞いたら「私!」と万由子さん。えーサイズ同じ??うそー。
 1枚1300円のワンピース・・・。近々写真あっぷしますね。この年で着ちゃいけないくらいかわいいです。

 高田さん親子はとても気さくな方で、特にフリマのときは料金交渉に熱が入り面白いです。お母さんは若くて上品。2回しか会ったことの無い徹ちゃん(夫)のことを、靴を買っただの会社も覚えていてくださりびっくり!お母さんもやっぱ頭いいなあ。(私の物忘れは遺伝であるとつくづく思いました。私のせいじゃあない!!)

 ちなみに豪邸です。フリマはいつも玄関でします。玄関に何十人も入れます。トイレも広いです。3人くらい着替えが出来ます。玄関前に車が5台停められます。プライベートなので写真はアップできませんが、ステキな家です。うらやましい・・・けどそうじ大変そう・・・。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-06 10:00 | 徒然

ル・スフレ

 ちょっと寒くなってきましたので、熱い出来立てのスフレが食べたくなりました。
で、広尾のル・スフレに行きました。(今週2回目!)

e0015343_1524533.jpg
広尾香港ガーデンの前の公園の向かいにあります。看板は地味なので、よく見ないと見過ごします。2階です。







港区西麻布3-13-10
パークサイドセピアビル2F
TEL:5474-0909








e0015343_149333.jpg

階段を上ると入り口があります。子供は熱々のスフレでやけどをした事件があって、お断りしているそうです。でも知らないで隣んちの子供と行っちゃったら入れてくれました。ありがとう!!




e0015343_1512573.jpge0015343_1513621.jpg










入り口を入って左が喫茶部                 右がレストラン
ここにはケーキやチョコレートなどが売っています。

e0015343_225866.jpg
おいしそうな顔のシェフ。毎回完璧なスフレを出してくれます。
オーボンビュータンの河田さんと仲がいいとのことで、休日には河田氏がよくいらっしゃってるとのことです。





e0015343_245691.jpg秋なのでマロンスフレを注文しました。熱々スフレにこの濃厚なクリームをかけて食べるのが醍醐味。
注文すると「スフレが出来るまでに15分くらいかかります。席を離れないようにお願いします。」と書いてあるランチョンマットが出てきます。このマットには食べ方の説明もあります。

 

e0015343_24420.jpge0015343_210159.jpg










説明①スプーンで真ん中に穴を開け、 説明②スプーンで軽くかき混ぜたソースを全部かけ、

e0015343_2143358.jpge0015343_2142722.jpg










こーんなかんじ!!ワクワク!!!


e0015343_2125982.jpge0015343_2153582.jpg









説明③生地とソースをからめながら、一気に口へ運びます。

早くしないと沈んじゃうよーん。



スフレは自分でも作りますが、同じ分量なのになぜか時々失敗します。ふくらみが悪かったり水っぽかったり・・・。何より、オーブンから出したとたんに沈んできます。写真撮ったりクリームかけたりなんてしていたら、半分くらいになってしまいます。
こんな完璧なおいしいスフレはやはり1000円払ってでも食べる価値あります!
ちなみに徹ちゃん(夫)は初めて とのことでした。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-06 02:21 | グルメ

AZABUHAUS

話題のAZABUHAUSに行ってきました。

 ここはもと代官山のイタリアン「カノビアーノ」でソムリエをしていた城倉さんがやっている店。おしゃれな隠れ家というかんじの店です。しかも23時間営業(とは表向きで24時間どこかしらが開いているという噂です)

 で、麻布十番の商店街から暗闇坂に入って、さらにもう一度路地を入ったところにあり、看板も無く本当に隠れ家というかんじです。(位置的にはオーストリア大使館の裏辺り)
e0015343_2073778.jpg
港区麻布十番2-7-14
TEL:03-5439-6671








e0015343_21261315.jpg
シャンデリアに皮のソファー。
居心地のいい我が家の居間というかんじです。
ランチの後だったのでここでお茶を飲みました。








e0015343_2129375.jpg
ソファーの向かい。
テーブルが2つとその向こう(ガラスの向こう)は今流行の水庭。昼は実に気持ちいい。夜はライトアップなのでしょうか?それもいいなあ。







e0015343_21335052.jpge0015343_21323128.jpg










レストランコーナー                    バーコーナー(レストランの裏側)


ちなみにきょうはお茶(日本茶)とハーブティーを飲みました。ひとり600円也。
ですが、グルメの友人H氏に言わせると、料理は食べるな!!とのことでした。普通なので、別にわざわざ食べに来るほどではない・・・とのこと。で、どこかで食べた後、飲みに来ればいいらしい。でも調子にのって飲むと高いらしい。

こんなステキなところ、是非料理もおいしくして欲しい!!いいお天気の休日、ここでのんびりブランチしたいな。24時間営業だから朝ごはんもリッチにゆっくりなんていいじゃない!

 24時間営業でいつもおいしいもの出そうとすると、出来る料理人が3人必要とのことで難しいですよね。ただでさえブレークしているおしゃれスポットなんだから、おいしければもっとブレークしちゃうからこのくらいにしておいてもらった方がいいかも・・・。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-04 20:01 | グルメ