旅と料理と日々のこと From ハワイ


by madame-ym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 アマンのサービスが売りで話題の「カシータ」に行ってきました。

 ハネムーンでバリのアマンに泊まってから、アマンフリークになりました。(といってもお高くてそんなに行けるものでもないのですが)サービス関係の仕事をしている方なら一度は泊まってみるべきと思います。泊まらなければダメです!!そのサービスのすごさは泊まって(2泊以上)はじめてわかります。友人などはレストランのみの利用で「よかったー」って言っていますが、多分1000分の1もわからないです。(アマンの話はまたの機会にして・・・)

 まず入り口にお迎えの人がいます。(この人はあまりビシッとしていなかったので迎えの人とは気がつかなかった・・・)その人は私達が向かうことをマイクで上に知らせているようです。エレベーターに乗せて、上まで案内してくれます。

 店の入り口でバトンタッチ。「鈴木様ですね」と名前で確認されます。(ここはアマンと同じ。でもアマンは従業員全員が私の名前を知っているのです。食事だけじゃ覚えられないか・・・)テラス席に案内されました。
e0015343_2115355.jpg自分の席にはそれぞれの名前がついたメニューとイニシャルが付いたナプキンがあります。







e0015343_21185613.jpge0015343_21205930.jpg
ちょっと暗いけどこんなかんじ。

きのうは本当に気持ちのいい日でしたので、テラス席は最高に良かったです。青山通りに面しているのですが、ビルが前側でテラスは裏なのでとても静か。都会の真ん中とは思えないです。食後はこのソファーに移動します。いろいろなソファーがありますが、マッサージチェアーもあったりしてくつろげます。

e0015343_2127428.jpg
みんながそろったら、「シャンパンでもいかがですか?」とブーブクリコを持って来るのですが、そのラベルには全員の名前が・・・(でも徹ちゃんの名前だけ抜けていたのでショック!かわいそうだった。)
 それからサーベルをやらせてくれる。シャンパンの栓を抜かず、サーベルでその首を落とすのです。スポーンといい音がしてきれいに割れました。
 そのコルク付きの首をキーホルダーにして、ラベルとともにお土産にしてくれます。もし何かの記念日だったら、とてもいいですね。




 料理は特別どうというわけではないのですが、
e0015343_2205499.jpgシーザーズサラダの温製。
匂いはすごく強かったけど、味がいまひとつたりませんでした。それに温製にしたせいで葉がクタっとしてしまい、シーザーズサラダのシャキシャキ感がなくなってしまったようです。





e0015343_2225835.jpgサーモンのタップナードソース(タップナードは南仏でよく食されるオリーブをつぶしたもの)お約束がきちんと守られていてちゃんと作ってあります。








e0015343_22315043.jpgフォアグラのキャラメルソテー。私好みの味!おいしい!!









e0015343_22501069.jpg野菜てんぷら??


 あといわい鶏胸肉のパン粉焼きも。友人がしつこく焼き過ぎないように言っていたので、焼き加減はとてもよかった。でもパン粉焼きなら表面をもう少しカリカリにしてほしかった。




ここでソファーに移動。するとe0015343_22591090.jpg全員の会社名入りの皿を持ってきてくれる。コーヒーにもサンキューの文字!
頼めば、愛してるとか好きな文字を添えてケーキやコーヒーを用意してくれるとのこと。






あと特筆はトイレe0015343_2361242.jpg
つまようじ、アクアフレッシュとコップ、生理用品などそろっています。









 
e0015343_2375238.jpg帰りは、駐車場まで案内してくれ、駐車場に着くともう車が出してあり、エンジンもかかっています。乗ると中には花と「ありがとうございました」のカードと小さいエビアンとガムがひとつおいてありました。
うーんどれも車に乗ったら、なんとなく欲しいものです。
 駐車場の前で一人、その道から大通りに出る角にひとり、手を振って誘導しつつおじぎをしてくれます。
 「次の角にもいたりしてー」なんて爆笑していたら友人が、「先日花を渡し忘れたと、夜中に家の前で待ってた。」うそのような本当の話だそうです。


 それから一度電話をすると登録されるのか、次回から「はい鈴木様」と出るらしい・・・。

 きょうはみんな一皿しか食べなかったこともあるけど、シャンパンもワインもビールも食後の飲みものも入れて、このサービス込みでひとり6000円!安い!!



 ここは大切な人を記念日に連れてくるところです。彼女はきっと大喜び!けんかの仲直りにもいいかも・・・。コーヒーやケーキには「LOVE」とか「ごめんね」とかメッセージをオーダーすることを忘れずに!
[PR]
by madame-ym | 2005-08-30 23:35 | グルメ

諏訪湖の花火

 しばらく休みました。夏は遊びに忙しいものですから・・・。

 で、東京湾の花火の翌々日、諏訪湖の花火に行きました。毎年お盆にやるので、行くのも帰るのも大変です。やっぱり作戦が必要です。

e0015343_2351210.jpge0015343_2352962.jpg







すっごい人です!!でもやっぱり花火はできるだけ近くで見るのが醍醐味!だから色々な手を使って、できるだけ前へ!
 今年は桟橋のチケットを手に入れてもらいました。弁当付きで10000円。高いけどギリギリの時間に行ってほぼ一番前に行けるのだから、時間を買うってところでしょうか・・・。(弁当はまずい)朝から場所取りをするために前日から泊まったらそれで1万円ですから・・・。

e0015343_23505632.jpgこれが桟橋席。
弁当とクッションと雨具付き。
今年は始まる前に少し雨が降りました。





 なぜ諏訪湖に行くかというと、もうそれはすごいから!!一回だまされたと思って行ってみて下さい。昨年始めて行った時、誘ってくれた友人が「往復びんたみたいなんだー」と訳のわからないことを言うので???だったのですが、始まりの一発目からそのわけがわかりました。爆風が両頬にバチバチあたり、まるでビンタされているようなのです。しかも、東京湾12000発でしょ?諏訪湖は同じ時間に42000発なの!東京湾のフィナーレが最初から最後まで続くようなものです。

 それから諏訪湖は花火の新作があがり、そのコンテストがあります。見たことが無いのがあがり、これも面白い。
私のお気に入り花火は
①大きいの(音も直径も)
②花火が終わった後、きらきらと星のようにしばらく輝くもの
③サスケ(ダラーといつまでも垂れてくるもの)
④一度にたくさん
⑤ドラえもん(今年はどこにもなかった・・・)
かな?
 
e0015343_092865.jpgこうして寝転んでみないと首が疲れて・・・。




 プログラムがありそれぞれの花火に協賛企業があるのですが、いつも最終はセイコーエプソンで、海に落とす扇形の名物花火です。これは鎌倉の花火でもあるのですが、大きさも数も桁違い。「もういいから、わかったから!やりすぎ!!」とゲラゲラ笑い出してしまうくらいの迫力です。


e0015343_015401.jpg
花火の写真はあまりよく撮れないし、今年は徹ちゃん(夫)が動画で撮ったため、写真をアップできないのが残念ですが、写真が2枚だけありました。あまりいいのではありませんが・・・。


 プログラムでは最後の2プログラムがとてもとても気に入りました。
ラスト2が「宇宙戦艦大和」の曲がかかり、それにあわせて3箇所から花火が上がるのですが、「うちゅうせんかん ♪やーまーとー」のところで一斉にばああーんとものすごい数の花火が上がり、もう音楽なんて聞こえない!あまりのすごさに、動画ではみんなの笑い声が入っています。
e0015343_0255525.jpg

 そして最後のセイコーエプソンはスターウォーズの曲で両側から扇形の花火が上がり、だんだん近づいてきます。それが重なる頃、上にも大型花火がバンバン上がり、もう肺が痛いくらいです。動画の声にも「肺が・・・」という声とやはり「やりすぎっー!!」ていう声が入っています。
 そうそう一番最後は、諏訪湖名物の何kmにもわたる長い長いナイアガラ。でもこれを見ていると帰れなくなるので(混んで)このすきに走って帰ります。

 ここは駅に行く人と道路に出たい人が逆方向なので、人が押し合いへし合いになります。一方通行にして交通整理すればいいのに何もしないものだから、もう押しくら饅頭状態で一歩も動かなくなるのです。(夏に押しくら饅頭してるんだから死ぬほど暑い)よくもまあ誰も怪我しないものだといつも思います。どこかの花火のように、将棋倒しになって死人が出るまで何もしないのでしょうか?
 ここさえ通り越していればあとは普通に歩けます。だからナイアガラはあきらめます。それともそのままそこで宴会して、空いた頃帰るか・・・。


 長岡はもっとすごいらしい。それから花火を作っている村でするのもすごいらしい!!(これも新潟)4尺玉ってのがあるんですって。花火で大きめのが1尺だそうだから4尺ってのは高く上げても下が水についてしまうそうで、視界からはもちろんはみでるとのこと。みたーい!!
[PR]
by madame-ym | 2005-08-16 23:07 | 旅行

東京湾花火

 夏は花火でしょ!というわけで、東京湾花火に行って来ました。
花火を迫力で見たければ、お金をかけるか、作戦が必要です。
何度かマンションの屋上や海沿いのオフィスに招待されたことがありますが、ガラス越しじゃあ花火の醍醐味が半減。どおおーんという音とともに胸にずっしーんとくる振動が無ければ大画面のTVで見ていても同じでしょ?

 そういうわけで、昨年から友人がチャーターした漁船に乗せてもらうことにしました。e0015343_13352639.jpg
これです!
 屋形船だと屋根があって見えにくいから絶対これに限る!(花火は真上に上がるので)
 なんて言っていたら、大粒の雨が・・・。けっこう降りました。でも船室に入ると酔うので、外でビニールをかぶっていました。
 船はいつも最前線を確保します。打ち上げているのが見えるくらいのところです。ワクワク


e0015343_12183773.jpgこれは何でしょう?
 男性用の小用トイレです。パカッと小さいドアをあけて、そのまま・・・。
ちょっと!見えてますよ!!
でも男性っていいですねー。私はビールが好きではないので、トイレは大丈夫なのですが、船や電車のトイレって狭くて汚くて嫌ですね。








e0015343_12293736.jpg花火開始予定時間に丁度雨があがりました。よかったー。(でもまわりはびしょびしょ)すぐそこで打ち上げています。







e0015343_1232417.jpge0015343_12322029.jpg
花火ってきれいに撮れないんですけど(自分も船の上で揺れてるし)、ここまで近づくと、自分の視界に入りきらない位の大きさです。これって想像できますか?特にこのサスケ!!どおーんのあとたらりーと垂れてきて、最後に垂れている先がパチパチって光るのです。でかいし余韻が長いので一番好き!!以前は夫とふたり「ラスタマン」(レゲエなど演奏している黒人の髪型に似ているため)と名付けていましたが、「サスケ」ってどこかのポスターに出ていました。

 今回の発見ですが、船の荷物置きが一段高く、広かったのでそこに上って寝転んで見ました。花火が真上に上がるため首が痛くなるのです。で、花火の振動が前からきますよね?それから船の甲板もあたって震える振動が背中からも伝わってきて、迫力倍増でした。次回からはこれに限るね。

 あー今年も堪能したー!!
今回フランス人を連れて行ったのですが、「こんな大きい花火は初めてだし、こんな長い時間打ち上げ続けているのも初めてだあ!!」と興奮していました。なにしろ12000発!!にっぽんの夏を味わっていただきました。(お弁当のおにぎりも喜んでくれたし)



注意:


船:
 船に酔うので乗る30分前に酔い止め薬を飲みます。いつも大丈夫な人にもおすすめです。花火が始まるまでの待ってる時間、船は停まっているのでふわーふわーと揺れるのです。具合が悪くなって横になるとさらに気持ちが悪くなるのです。

 船の上は不安定なので、歩きやすい靴で動きやすい汚れてもいい服がおすすめ。今回みたいに濡れちゃうこともあるし。

 海の上は風があるので、パーカー系の上着は持っていったほうがいいです。

持ち物:
 いつも重宝するのがプチプチ。(引越しの時とかに割れ物を包むあれです)寝転ぶ時のクッション用に持っていくのですが、雨が降ったら合羽代わりにもなります。持ち運びも軽いし。

帰り:
 なにしろめちゃめちゃ混むので、ちょっと宴会を続けてからゆっくり帰るのがいいと思います。船の場合は船着場に帰って、下船して、とやっているうちに少しは空いているのでちょうどいいです。タクシーなんて絶対つかまりませんので、どうしてもの方は迎えを頼んでおくといいです。
[PR]
by madame-ym | 2005-08-14 13:40 | 徒然

神楽坂 一邑

 友人が家を新築したと言うので、早速尋ねることにしました。
食事時に行くとご迷惑になるので、神楽坂のどこかでおいしいもの食べてから家に・・・と提案したのですが「おいしいお弁当があるのよ」の一言で、「お昼に行きます!!」とずうずうしい返事をしてしまいました。だってその友人はおいしいもの知ってる人なので・・・。

 神楽坂の一等地!まわりも静かな住宅街の中で、とりわけファッショナブルな3階建て。玄関はイタリアの大理石で(友人はイタリア好きなの)1階には書庫があり、移動式の本棚がいっぱい並んでいます。廊下の壁は1階も2階も文庫本用の棚になっていてまるで図書館です。いいなー。我が家は住空間確保のために本を処分する日々なのに・・・。ま、教養の差も財力の差もすごいから(もちろん私共が無いのですが)しょうがないか・・・。

 きゃーきゃー家の中を見せていただいているうちに ピンポーン と届きました。そうです配達してくれるのです。この近辺だけですけど・・・。
e0015343_2122834.jpg
こんなすてきなお弁当箱にぎっしり入っています。ほんとうにぎっしり!!






e0015343_21331237.jpg中身をアップにするとこんなかんじ。
この季節ですので刺身系はありませんが、
うまき卵、ポテト揚げ、鴨のロース薄切り、蓮根甘酢、海老、もやしの大きいの、穴子の煮物、三つ葉と菊のおひたし、金目鯛の焼き物、鰆の西京漬け、変わりこんにゃく、鴨なすの味噌田楽、牛肉と牛蒡の甘煮、煮物(里芋、蓮根、さつまいも、いんげん)、松茸ごはん、とうもろこし、ミニトマト、マスカット、麩まんじゅう  などなど

 食べてしまって忘れましたので中身はまだあると思いますが、どれもが丁度いい味でおいしかったです。昨日食べた有名店のナントカ御膳とは比べ物にならに位おいしいです。
特においしかったのが、うまき卵と鴨と穴子と魚(どちらも)とさつまいも。あっ麩まんじゅうも!

e0015343_2226678.jpg変わっていたのは、この変わりこんにゃく。勝手に名前付けましたが、何だかわからないのです。でもこんにゃくのテクスチャーに違いないのです。ちょっとだしと(生臭さ有り)しょうゆで煮ているようですが、この赤色が??
 私がこんにゃくを作るときは、市販のこんにゃくの粉と水とアクで作ります。水を赤いのにしたり味を付けたりすれば何かこういうものが作れると思うのですけど・・・。初めて食べました。
誰かご存知の方がいらっしゃったら教えてください。(沖縄の豆腐の醗酵したのとは味もテクスチャーも全く違います)

 遠方の私としては、注文しておいて、神楽坂経由でどこかに出かけるというのがいいかな?例えば友人宅におじゃまするとき、途中下車してここでピックアップしてから友人宅に行けばいいですね。神楽坂を上る根性があるときですが・・・。でも頑張って行くだけの価値はありますよ。

 店でも食事できるそうですが、気軽にというわけにはいかないようです。
ちなみにこの弁当は多分3000円。彼女が配達の人に6000円払っていたようでしたので。(盗み見たの)

神楽坂 一邑
[PR]
by madame-ym | 2005-08-12 23:30 | グルメ

地からし

 昔からの友人に赤坂のSHUN柊に連れて行ってもらいました。
カウンターとテーブル席が少々の落ち着いた店で、ぬただの煮魚だの和風のおいしい季節のものを出してくれます。
 ぬたで使っていた地からしがめずらしかったのでご紹介します。
e0015343_1604814.jpg
 普通の和芥子よりまろやかかな?店の人は辛さが違うとおっしゃっていました。
粒が少しあり、洋がらしの粒入りみたいでした。
芥子は冷涼地での栽培に適しているので関東以北が多いらしく、一緒に行った熊本出身の友人は、子供の頃からしの代わりに唐辛子を使ったと言っていました。(50代のかたです)

 その時疑問に思ったのは、和芥子と西洋のマスタードって全然味が違うのだけど、同じものかどうか・・・。
 で、調べてみました。
和芥子は日本からし(黒からし)マスタードは西洋からし(白からし)といって、同じ芥子菜(からしな)の種だそうです。(種類が違うのか?)

和芥子:乾かさないで粉にしたもの。このままではあくが強く、あく抜きしないと使えない
洋芥子:種子を乾かしてから粉にしたもので、粉粉を酢と塩などでといて利用。

だから洋からしは酸味があってまろやかなかんじがしたのですね?
ツーンとくる度合いは今までは和芥子のほうがすごいと思っていたのですが、日本に入ってきているマスタードは上品なものばかりだということに気がつきました。
 で、最近パリに行くと、必ず安スーパーで一番安いマスタードを買ってくるようになりました。一瓶50円くらいですが、これがツーンときてとても料理にあうのです。(高級スーパーにはない!)

 パリに行かれましたらぜひ安スーパーにお立ち寄りくださいね。(モノプリとか・・・)「Forte」と表示があるものがツーンです。
[PR]
by madame-ym | 2005-08-10 16:25 | グルメ
 新宿で用事があったので、ついでに友人と待ち合わせてランチをすることにしました。
新宿って私にとって不毛の地で、適当な店を知らないのです。どなたかいいお店ご存知でしたらぜひご一報を!!

 さてそういうわけで、友人のお勧めに従いル・クープシューに行ってきました。クープって切るだしシューってキャベツだから、キャベツの千切りかしらん?
 老舗らしく、すごく古い梁や年季の入ったかんじのカウンターやランプで雰囲気は落ち着いています。入り口の女性もとても感じがよく、ワクワク。予約の旨告げると「お待ちしていました」とカウンターへ。

 友人が道に迷って遅れました。(ちょっと解りにくい)そのあいだに男性のサービスの人に「肉にしますか?魚にしますか?」と聞かれ????。メニュー全然見てないのでどうしていいか解らない。でもメニューはどうやらひとつらしい・・・。メインだけ選ぶのだろうと見当をつけ「どんな料理ですか?」と聞くと「肉は牛で魚はすずきです」・・・・・・「で、どんな料理なのですか?」と聞くと「少々お待ちください」と聞きに行きました。ここではみんな肉か魚かで選ぶのかしら?と疑問。それから、「前菜とかあるんですか?もしあるならそれによっても選ぶのが違うと思うのですが。」・・・結局「肉」と答えると、「肉はいりましたー」と言って、すぐ前菜を持ってきました。

 私はちょっと呆然として、「すみません友人と待ち合わせしているので、いっしょに食べたいのですが」と言うと「えっ?」って返事。「先ほどお電話がありまして、もうそばまでいらっしゃってるようですので・・・」と言われしょうがなく食べ始めましたが、結局前菜はひとりで黙々と食べました。おいしいものでも一人で食べるのっておいしくないでしょ?ル・クープシューの方、もしこのブログ読んで下さったなら、改善していただきたいです。ひとりで食べるなら私はレストランへ来ません。

 文句はこれくらいにして、料理は、
e0015343_029568.jpg
いいだこのマリネ
バジルのソース
いいだこがあまりにかわいくて・・・
よく見ないで食べっちゃったのですが、(怒っていたので)たこのそうじがきちんとしてあったようです。



e0015343_0384750.jpg
じゃがいものスープ
ちょっとコクが足りないかんじがしましたが、夏だからこのくらいでもいいかしら?





e0015343_0402116.jpg
メイン
牛ヒレ肉のステーキ
さっきのお兄さんは「バジルソース」と言ってたけど、違った。
前菜がバジルソースだったから重なるのかなーと思っていたんだけど、違って良かった!!



e0015343_0463986.jpg
デザート
ブラマンジェ
毎度のことながらすでに食べ終わっています・・・。
ちょっとクミンか何か香辛料が入っていると思います。とてもやわらかくおいしいけど、フランス料理なんだから私タルトか焼き菓子が食べたかったなー。1575円なんだからそんな事言ったら張り倒されるかしら?スミマセン。


 あと面白かったのがバター。何だか甘-いバニラみたいな香りがするの。はじめ怒りながらひとりで食べているときは、バターの近くでお菓子作っていて、バニラエッセンスをこぼしてしまったに違いない!!と思っていたのですが、聞いてみたら「内緒ですけど何か入れているんです」とのこと。何かは教えてくれなかったのですが、バニラでしょ!?
 でも食事には普通のバターが好きです。バニラは好きなんですけどね。でもそこのスタイルなので、たまにはこういうのも面白いかも。


 そういうわけで、1575円で前菜、スープ、メイン、デザートなので、頑張っているなー。(夜も高くないみたいだし)でもサービスちょっと考えて欲しい。1575円のランチでサービスがどうの何て言っている客は来なくていい?でも私とっても不快だったの。料理も価格も頑張ってるのにもったいないです。

 徹ちゃん(夫)がこのページ見て「ひゃーこれで1575円?安ーい!会社の近くにあったらなー」と言っていました。徹ちゃんの会社は天王洲なので、ちょっと遠すぎっ。
 
[PR]
by madame-ym | 2005-08-09 01:24 | グルメ

銀座 天龍で餃子!!

 徹ちゃん(夫)とビックカメラで待ち合わせ電動歯ブラシを買ったのですが、お腹が空いたので何か食べていこうということになりました。
 ですがお金はないし、選択は少ない・・・。銀座だもの・・・。てんやで天丼か、過門香なら食事券あるし・・・。などど考えていてひらめいた!餃子だよ!天龍の!!
 徹ちゃんは餃子が大好きなので大賛成。何通りかわかりませんが、ラルフローレンのはす向かいです。

 急に行くことになったので写真はありませんが、餃子、ボリュームです!!手のひらの半分(縦に)くらいの大きさです。15cmはあるでしょうか。巾は4cmくらい。皮は厚め、中は野菜が多いようですがコクは十分。こってり肉好きの徹さんも大満足です。8個で920円。これとごはん小(100円)でもうお腹いっぱいです。
 スープ代わりに頼んだもやしそば(920円)もすごいボリュームで、ふたりでようやく片付けました。同じくもやしそばを食べていた隣のおばさんは「いくら食べてもそばが減らない・・・」とつぶやいていました。でも もやしはジューシーでとてもおいしく、麺は太麺、私達の好みに合いました。
 向こうの人がたのんでいたあんかけ焼きそばもおいしそうだったし・・・。でもここに来たら絶対餃子食べたいから、あんかけ焼きそばはいつ食べれるのだろう・・・。次回は大勢で来ようっと。


 場所は銀座2-6-1で、ここ以外にナムコなんじゃタウン(東池袋)の餃子スタジアムにもあるとのこと。銀座店は大体いつもすごく並んでいます。(銀座の夜でこの値段だからね)で、「飲食は90分以内でお願いいたします」と張り紙がしてあります。あっ餃子はおみやげがあります!



後記:徹ちゃんはいつも通り食べ過ぎて苦しんでいます。
    (こらえ性が無く、自分で止めることが出来ないため)
    あれだけ「それくらいにしておいたら?」って言ったのに・・・。


 
[PR]
by madame-ym | 2005-08-08 00:40 | グルメ

戦争

 きょうは広島に原爆を落とされた日です。
 毎年この時期になると、戦争関係のTV番組が多くなります。
普段能天気に暮らしている私ですが、1年に一度くらいは平和について考えてもいいかなと思い、結構積極的に見ています。
 戦争の悲惨さを数字や映像で見るよりも、個々の方の体験談が一番身近に感じられ、涙無くては見られません。特に先日おばさんのだんなさんが大和に乗っていて亡くなったと聞いてから、益々身近に感じられ関心が深くなりました。なんだか戦艦大和って日本人の郷愁を誘いますよね?

 私、戦後生まれなのですが、なんだか戦争の記憶があるのです。防空壕に隠れていて、空襲があり、ひゅるひゅるっと爆弾が落ちてとても怖い思いをした記憶なのです。(爆弾が落ちる音がとてもリアルなのです)でも子供のころ見た映画の「大魔人」に追いかけられて逃げ惑う記憶もあるので、小さいとき見た映画かTVで心にインプットされてしまったのかもしれませんが・・・。

 広島といえば私の尊敬する秋葉忠利広島市長が今年も平和宣言しましたが、秋葉さんはアメリカに住んでいた頃「秋葉プロジェクト」という活動をなさっていました。アメリカの地方のジャーナリストを広島に招待して記事を書いてもらうという活動です。アメリカ人は学校で「原爆を落としたお陰で戦争が早く終わった」と習います。ですから原爆を落としてよかったと考えている人が多いのです。広島の原爆資料館を見てもらえば、核爆弾がどれだけ悲惨なものか少しは解ってもらえると思います。(その点でも日本の小中学校のどちらかの修学旅行は広島にするべきと思うのですが・・・)

 昨日の番組でもアメリカ人(原爆を作った科学者とか教育のあり方)に腹を立てていた私ですが、アジアの国に対しては日本は逆の立場なのだということも考えました。
 昔ヨーロッパを旅行していたとき、韓国人によく声をかけられました。私は目が丸くて垂れているので韓国人には見えません。「日本人でしょ?」と日本語で声をかけられるのですが、当時は韓国は海外旅行が自由化されていなくて(随分昔でしょ)、海外で会うのはビジネスマンが多かったです。で、皆さん日本語で話しかけてくるので「日本語お上手ですねー」と褒めたところ、おじさんたちは一瞬黙って顔を見合わせて「私達の時代はみんな日本語を習わされたのです」と言いました。今だったら習わされたという意味がわかっているのですが、当時は社会問題にもなっていないし、私も学校では習わないので知らなくて「えーそうなんですかー?すごーい!」なんて馬鹿みたいな返事をしていました。義務教育で英語を習わされてることと同じ意味だと思ったのです。本当に恥ずかしい・・・。
 また、中国へ行ったときも何も知らないで「盧溝橋」に観光に行きました。日本軍の残虐行為の記録にびっくり!そんなところだと全く知らないで行ったのです。シンガポールへ行った時も同じような体験をしました。
 それを見てから学校で習えなかったいろいろなことに関心ができました。

 過去のことなので、いまさらどうしろといわれても困るのですが、こんな事があったと心に留めておかなければならないことだと思います。
 盧溝橋の日本軍人だって戦争の前は普通の人だったかもしれません。戦争という異常事態が人を変えてしまうのでしょうか?日本人皆がそうじゃないんです!!アメリカ人だって同じ教育を受けているのに核に反対している人はいっぱいいます。
 私達にできることは、年に一回でもいいから平和のありがたさを実感して、絶対戦争をしてはならないと再確認することでしょうかねえ。

 いろいろ重い話になっちゃいましたけど、今日と終戦記念日くらいは平和のありがたさを考えましょう!!戦争で誰かが死ぬのは嫌です・・・。

 
[PR]
by madame-ym | 2005-08-07 00:09 | 徒然

天然鮎 柳家

 きょうは一日家にいたので、先日行った鮎料理の柳家のご案内。

 グルメ友達から「柳原さんなのに柳家行った事ないなんてー」とお叱りを受けましたので、はるばる岐阜(ほとんど中津川)に行って来ました。

 岐阜県瑞浪駅から車で20分位の小さな町の住宅街に柳家はあります。(住宅街といっても首都圏みたいのではなく、隣は随分離れているし、自宅に林があるといったかんじ)カーナビに道が無いくらいのところです。

 三男のために建てた新館は、新しいとはいえ古い家屋から集めた梁や戸、窓を集めて使っているので、古い民家というかんじです。田舎のおばあちゃん家と同じ間取り。
e0015343_23383285.jpg
いかにもおいしいものを出してくれそうなご主人!!
ご主人を見ただけで期待にワクワク






e0015343_2340885.jpg
すごい研究をして特注したという囲炉裏端!
掘りごたつみたいに足が入れられ、しかも囲炉のへりを丁度食べやすい高さにするのに苦労したとのこと。あぐらかかなくていいのがgood!!




e0015343_23463981.jpg
へぼ
蜂の巣を甘辛く炊いたもの
ですから、幼虫からさなぎから、成虫に近いのまで色々入っています。
昔は食べられなかったけど・・・しょうががきいていいお味。



e0015343_2351656.jpg
天然鮎 一夜干し
開いた後、塩水に漬け、一夜冷蔵庫で干す。
開くと内臓の苦味がなくなるので、人によっては内臓を酒で溶いたのを刷毛で塗るらしい。




e0015343_23553538.jpg
カナダ産の松茸と一夜干しの鮎を焼く。
炭は山のように積み上げておく。そうでないと全体が焼けないとのこと。





e0015343_23574948.jpg
先ほどのご主人が焼いてくれます。
何度も裏返して、とても丁寧に焼いてくれるのです。
まだ少し小さくて・・・とおっしゃっていました。
何も知らない私は、「小さいほうが骨が柔らくて好き」なんて言っちゃいましたが、本当は鮎は海から上がってきたばかりのは鮎独特の匂いがないそうです。

 稚鮎は海にいる間はプランクトンを食べているので肉食。川に来てからは川の水ゴケを食べるので草食になり、そうして成長するとあの鮎独特のすいか臭が出てくるんだそうです。新鮮な鮎ってすいかの匂いがするって知っていました?

e0015343_0111134.jpg
焼けるのを待っている間に川海老の揚げ物。
抹茶塩で食べます。






e0015343_016119.jpg
鮎!!天然!!きゃー







e0015343_0171434.jpg
焼けてます!!
炭が山に盛ってあるので、焼きムラは無く全体がいいかんじ!
炭は備長炭ではないそうです。備長炭は長く燃える時に使うそうで、ここではばーっと燃えて強い火がいいそうです。








e0015343_0212656.jpg
箸休めに出る、地大根。辛味が無くてジューシー!塩をかけただけなのにおいしい!全員おかわりしました。

 この後鰻が出ました。岐阜以外の人は知らないと思いますが、岐阜の鰻は静岡よりおいしいと私は思っています。東京であらゆる有名店を食べましたが、はっきりいってまずい!ちゃんと炭で焼いているのか!!それから関東のはぐにゅっとしていて生臭い。
 そうずっと言ってきましたが、だれも相手にしてくれなかった・・・。このときはじめて「まゆみちゃんが言っていたのわかった!」とみなさん言ってくれました。
 鮎の専門店でこうだから、私のおすすめの「重よし」行ってみてよ!!



e0015343_0293148.jpg
蝦夷鹿ロース
鹿の肉を焼くのは難しいです。焼きすぎるとぱさぱさになってしまいます。さすが焼き場ウン十年のご主人!やわらかくジューシーに焼けていました。
この後特注の鳥肉をひとり一羽づつ焼いてもらいました。



e0015343_0344230.jpg
鮎雑炊
もうこの時点でお腹がいっぱいで、腹ごなしのために運動に走ったほどでしたが、あまりのおいしいだしに全員おかわりしました。




e0015343_038093.jpg
この家の三男坊。アメリカ帰りの好青年。
いずれこの新しい家の主になるとのこと。
 田舎で家業の後を継ぐのを嫌がる若者が多い中、とても楽しそうに生き生き父親を手伝っている姿はすがすがしい!趣味が鮎釣りというから地に足が着いているよね。いやあ日本の未来も明るい。田舎でのびのび育てるとこうなるのかなー。ここは兄弟みんな(嫁も子供も)かんじがいい。









e0015343_0433774.jpg
腹ごなしに庭に置いてあるパワーシャベルを運転させてもらいました。本当は免許がいるのですが、庭だったらいいとのこと。
レバーがいっぱいあって、前に引くと横に動いたり、向こうに倒すとシャベルの先が動いたり、訳がわからないところが面白い!今度工事現場ですいすい運転している人を見たら尊敬するかも!私も結構いけると思うけどな。



e0015343_0561528.jpg
今回は特別に「越の寒梅」の限定品と越の寒梅を作るときにできる焼酎を用意してもらいました。焼酎はなかなか手に入らないとのことでしたが40度以上あり、唇がひりひりするくらい強くて私は舐めるしかできませんでした。




 以上しめてひとり16000円くらいでしたので、多分特別の鳥と特別の酒がなければ10000円くらいなのではと思います。
 ちょっと遠いけど、一度は行ってみたいところです。
[PR]
by madame-ym | 2005-08-03 00:17 | グルメ

叙々苑遊玄亭

 誰に聞いても
「おいしいけど連れて行ってもらったから値段わからない。」
と言うので、おいしいようだとはわかっていても、今まで怖くて行けなかった叙々苑「遊玄亭」に行ってきました。
 焼肉屋さんとは思えない、素敵な個室でした。(なかなか空いていないようです。何回も日程を変更してやっと・・・)

 ももちゃんとフレッド(どちらも日本人ですが・・・)に案内されたのですが、常連の彼らには、特別のMコース(ももちゃん)とFコース(フレッド)がありました。はじめてなのでとりあえずおすすめのコースということで、大食いはFで普通はMと言われ、迷わずFコース!!

e0015343_193886.jpg
前菜4種
チャプチェ、くきわかめ、豆腐、きゅうりとレタスetcの韓国サラダ

これ以外にもきゅうりとレタスのサラダも出ました。これはおいしくておかわりしちゃいました。



e0015343_1121982.jpg
塩ユッケ
写真を撮る前に食べてしまった・・・。(本当は卵黄が乗っていて、きれいに並べてありました)
さっぱりとした塩味ユッケ&拍子切り大根
この他に、普通のユッケも食べました。(写真を撮る前になくなりました・・・。トホホ・・・)




e0015343_1154719.jpg
イカのフェ
生イカの和え物
これも写真の時には残骸だけが・・・あさましいです・・・
生くらげもありましたが、写真のときにはすでに残骸もありません・・・。これはさっぱり、こりこりおいしいです。中華の前菜に出てくるくらげより柔らかく、でもこりこりしていておすすめ。


e0015343_1184599.jpg
揚げにんにく
ほっくりしておいしい。
ここまできたら、明日の臭いが・・・なんて言っている場合ではなくなりました




e0015343_120129.jpg
ミル貝
こりこりしておいしいです。
肉の合間に食べると、休みになっていいかも。





e0015343_123395.jpg
いよいよ焼肉。
肉はやはり噂どおりとろけるような、いい肉です。
私は年をとったせいか、霜降りふりふりは3切れくらいでグッときました。(でも全部食べたけど)
このコースにはご飯系(ビビンバやクッパ)や麺(冷麺など)が付いているのですが、私はやはり焼肉には白いご飯が無くては!!なので、ごはんも注文しました。やっぱごはんでしょ!!
フレッドコースは体格のいいフレッド用に肉も多い!!しかもタラバ蟹の太足が1本!(ちなみにももちゃんコースは海老が3尾、肉は控えめというか丁度いいくらい。)

この隅にある舌塩が絶品でした。舌の中にねぎのみじん切りがはさまっていて、焼いているうちにねぎにもほんのり火が入って・・・。

 そうそうこれも写真ありませんが、チヂミがカリカリしておいしかった。
 冷麺はそれこそ絶品。今まで食べたどの冷麺よりおいしかった。スープが上品!!

 あと、やはりサービスがすごく良かった。ももちゃんたちが常連というのもあるのかもしれないけど、あーだこーだとお願いしたことを、さっと嫌な顔ひとつしないでやってくれるところは、さすがでございます。(私達の部屋の担当の方が良かったのです)気持ちよく酔っ払いました。1時から5時近くまでいました。ごめんなさい。嫌な顔ひとつしないで・・・。酔っ払い達のお相手を・・・。

 料金はやっぱりわかりませんです。次回にしっかりメニュー見てきます。
噂によると1万円位らしいのですが、きょうは絶対それではすまないと思います。(写真以外にもたのんでるし)
[PR]
by madame-ym | 2005-08-02 01:51 | グルメ