旅と料理と日々のこと From ハワイ


by madame-ym
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:徒然( 110 )

パリから戻りました

パリから戻りましたが、徹ちゃん(夫)が来週 転勤先のハワイへ出発するのでばたばたしています。
おまけにもう会社に机がないので、うちのパソコンを占領しています。
そういうわけでパリ報告はまだまだできそうもありませんです・・・。
徹ちゃんが出発したらパリ報告しますね!!
来週までお待ちください。
[PR]
by madame-ym | 2006-02-20 16:39 | 徒然

ホット ウォーター

 徹ちゃん(夫)は、1歳からお父さんの転勤であちこち外国でくらしていたので英語は堪能です。当然、徹ちゃんのお父さんもお母さんもお姉さんも英語がぺらぺらです。お母さんなんて英文科卒で英語を教えていたくらい・・・。
 その上お姉さんの旦那さんも海外赴任していたりでやっぱりぺらぺら・・・。するとこの一家で英語が話せないのは嫁の私だけ・・・・。あっ、小学生の姪も話せないっ!!(でも話せるようになるのは時間の問題かも・・・頭めちゃめちゃいいんです)

 そう、私は自分は少しは英語が出来ると思っていました。でも先日久しぶりに日系でない飛行機に乗ったとき、お湯をもらおうとして(私は機内では日本茶しか飲まないので、日系でないときは湯をもらってTバッグで飲むの)「ほっとうぉーたー ぷりーず」と言ったら「???」だったので、本気を出して「ホットウォーター」と言いなおしたのですが「私はあなたがなにを望んでいるのかが解りません」と言われてしまったのです。
 見かねた徹ちゃんが「Hot water」と言ってくれて湯は来ましたが・・・・。hot waterは「ホットウォーター」ではなく「ハッ ワラー」なのですって。しかも思い切り息吐きながら・・・。
いやあねぇ。お下品ですぅ!

 あぁ!英語ぺらぺらの道は遠い・・・。先が思いやられる・・・。
[PR]
by madame-ym | 2006-01-30 19:19 | 徒然

お知らせ

 11月頑張ったのに、ここのところ忙しくて更新できませんでした。すみません・・・。

 イタリア人の料理人の男の子(といっても30歳)が勉強に来ていたのでいろいろ案内していたのでもうお疲れー。(多分胃も)
 その後海味鮨にも連れて行き、お客さんがいなくなってから握り方も教えてもらいました。
 で、翌日乃木坂 神谷で個人料理教室。カウンターで食べながら作って教えてくれました。イタリア人感激していました。
 その夜はもんじゃ。(なんか変なもん食べたがるなー。)せっかくだからブラピも行った「もん吉」。いやー久しぶりでおいしかったです。(服がもんじゃ臭になっちゃいましたが・・・)

毎晩遅かったのです・・・。ふぅ・・・。きょうまた築地行ったし・・・。

 で、またきょうから母の入院の付き添いに実家に帰ります。でしばらく更新できませんので・・・。帰りは9日です。また楽しみにしていてくださいね。
[PR]
by madame-ym | 2005-12-01 12:22 | 徒然
ロイヤルパークホテルで六本木男声合唱団倶楽部のディナーショーがありました。
うちの徹ちゃん(夫)が入っているこの合唱団は、ちょっとすごい。

1999年にエイズ撲滅のチャリティーコンサートのため「元美少年合唱団」として発足。そのまま歌好きの人たちで続いています。
名誉会長が 元内閣総理大臣 羽田孜氏!代表が作曲家の三枝成彰氏など各界の蒼々たるメンバーが団員です。

e0015343_0314229.jpg今回出演の有名人
右から司会の露木茂さん(アナウンサー)三枝成彰さん(作曲家)高野孟さん(政治評論家)板井典夫(料理家マロンちゃん)ケントギルバードさん(弁護士)辰巳琢郎さん(俳優)





e0015343_0395212.jpg笑顔の咲く街
喫煙マナーキャンペーンの歌
これは歌詞に「(吸殻を)捨てなーいで」とあるので、それにかけて、女性を連れてきて「捨てないで」とすがり付いている所。白い服が私。(先日高田万由子さんから買った服)
辰巳さんはさすが俳優。引っ張ってきた若い女性に迫真の演技ですがっていました。


e0015343_0452193.jpge0015343_0453652.jpg










ゲストのオペラ歌手中丸三千繪さん熱唱!

e0015343_0495418.jpg




















カンタータ「天涯」

この歌はボーイソプラノが入るのでいつも子供が出演。澄んだ声で「僕は祈っていたんだよ。死んだ人があの世で退屈しないように・・・・」と歌います。私は父が去年亡くなったので、この歌を聴くと父のことを考えます。ミサ曲など宗教曲で日本語だとよくわかってジーンと来ます。
この曲はソニーの盛田さんが三枝さんにお願いした曲です。1月にハワイの演奏会で歌う予定です。


六男のレクイエムもすっごくいいです。(三浦綾子さん作詞、三枝成彰さん作曲)
日本語のレクイエムで2003年ウイーン公演でも歌いましたが、泣けます。




e0015343_184368.jpge0015343_185828.jpg










岩城宏之さんの指揮でピースロード(地雷撲滅キャンペーンの歌)とウボイ(クロアチアの曲)
岩城さんは8月に長崎でレクイエムを歌ったとき指揮してくださいました。原爆記念日でした。みんな泣きました。指揮者も団員も観客も・・・。すばらしい指揮者だと思います。
 なぜか私は20年ほど前、5回ほどお食事を一緒にしたりコンサートにご招待いただきました。「鯖の味噌煮」を御所望で、恐れ多くも私が作らせていただきました。覚えていらっしゃるかしらん?

e0015343_1194823.jpg 林真理子さんは女性ではありますが、名誉会員です。
ご主人と弟が団員です。きょうは弟さん(写真左から3番目)に昔のエピソーソをご披露いただきました。(すっごく似ています。真理子さん痩せました!)
 林真理子さんは歌の勉強をしていて、いつもディナーショーで歌うのですが、今回はプロの中丸さんがゲストでしたので歌いませんでした。
 「皆さんお気づきでないでしょうが、前回私が歌ったのと同じ歌を今日中丸さんが歌われました。あまりの違いに、同じ歌とは思えない・・・」だってあちらはプロですから・・・。

e0015343_1315690.jpge0015343_132841.jpg










六男の持ち歌「鉄人28号」を楽しげに歌う皆さん。本当に老いも若きもってかんじ。
「鉄人28号」は六男が歌っています。CDも出しています。オリコンで70番台になったこともあります。


e0015343_1352047.jpg今回は立食パーティーでしたので観客はこんなかんじ。ヒールの靴だとつらい・・・。(その代わり安い)
座っているのはシルバー席です。
この団で「若い人は手伝ってください」って言われると、60歳以下の人・・・。最高齢は80歳代。まだまだ座れそうも無いです。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-13 23:00 | 徒然

フリマ

 きのうタレントの高田万由子さんの実家でフリマがありました。以前は時々やっていて、万由子さんがだんなさんにお土産で買ったグッチの靴のサイズが合わなくて売りに出していたのを徹ちゃん(夫)が買いました。なぜかぴったりあったのです。愛用しています。

 今回は午前中料理教室があったので出遅れて、もうほとんどめぼしいものが売れてしまっていましたが、2000円均一のところに、とてもかわいい服があったので交渉して3枚4000円で買いました。あまりにサイズがぴったしだったので「これ誰の?」と聞いたら「私!」と万由子さん。えーサイズ同じ??うそー。
 1枚1300円のワンピース・・・。近々写真あっぷしますね。この年で着ちゃいけないくらいかわいいです。

 高田さん親子はとても気さくな方で、特にフリマのときは料金交渉に熱が入り面白いです。お母さんは若くて上品。2回しか会ったことの無い徹ちゃん(夫)のことを、靴を買っただの会社も覚えていてくださりびっくり!お母さんもやっぱ頭いいなあ。(私の物忘れは遺伝であるとつくづく思いました。私のせいじゃあない!!)

 ちなみに豪邸です。フリマはいつも玄関でします。玄関に何十人も入れます。トイレも広いです。3人くらい着替えが出来ます。玄関前に車が5台停められます。プライベートなので写真はアップできませんが、ステキな家です。うらやましい・・・けどそうじ大変そう・・・。
[PR]
by madame-ym | 2005-11-06 10:00 | 徒然
 しばらくぶりですみません。シリア、レバノン、ドバイに旅行していました。それはまた今度じっくりレポートさせていただきます。



 映画に全く関係が無く、しかもお金を払って映画に行くのは年に1回ほど(しかもレディースディ)(あとは試写会の券が当たったときのみ)の私が、ひょんなことから東京国際映画祭に招待されました。
 ドレスコードはフォーマルで、男性はタキシードとのことでしたが、タキシードを持っていない徹ちゃん(夫)は六本木男声合唱団の制服(詰め襟)を着て行きました。(はじめは「タキシードじゃない」と心細げでしたが、高倉健も詰め襟だったので市民権を得ました。徹ちゃんにっこり!)
 芸能人はあまり知らなくて、しかも映画もあまり行かないので、あんまり期待していなかったのですが、とてもとてもおもしろくエキサイティングな一日でした。

e0015343_1492543.jpgレッドカーペットを歩いちゃいました。右が私、左の男性は俳優の谷原さんでなんかとても人気でした。(今大奥で将軍役やってる?)真ん中は映画祭のチェアマン角川歴彦会長(角川書店)の奥様。






e0015343_157984.jpg

e0015343_1561632.jpg








すごい人数のマスコミでした。ここだけでなく、式典会場、インタビューの会場も!
でも私にはだれもカメラを向けないのでした・・・。トホホ

e0015343_159519.jpg
e0015343_214491.jpg









工藤静香と開会宣言をした男の子            右端がトヨエツ

e0015343_233429.jpge0015343_234964.jpg










中井貴一  & 津川雅彦 

                                小雪さん

e0015343_274286.jpge0015343_28250.jpg







(左)誰か知らないけどきれいな人


(右)仮面ライダー

なんだか仮面ライダーがかっこいい!!最近この手の子供向け変身番組はお母さんたちが夢中になっているらしい。わかるっ!

e0015343_2143034.jpg
今回のオープニング特別招待映画「単騎、千里を駆ける」の監督(中国人)と主演の高倉健。普段はほとんどしゃべらない高倉健が今日は結構インタビューに答えていたので、関係者はびっくりしていました。(私は映画でしか見たこと無いから話さないなんて知りませんが・・・まあ、おしゃべりな方ではなさそうな・・・)

 その後、レセプションがあり、そして映画「単騎、千里を走る」を見ました。親子ものに弱い私は涙が少し・・・。監督は25年位前に高倉健の映画を見てずっとファンだったそうです。中国では俳優がみんな高倉健の真似をしていた時代が10年くらい続いたとのことです。そしていつか映画を撮りたいと思っていたそうです。
 でも映画を見て本当に年をとったなーと思いました。大画面にアップだし。言葉はたどたどしいんだけど(そこが高倉健のいいとこですが)、表情で演技する人だなーと改めて感心しました。心に訴えるのはセリフじゃないですね。

 今回思ったのですが、やっぱり女優さんは違う!!すっごくきれいな一般人やアナウンサーのきれいな方もいましたが、女優さんはもう近づきがたいかんじ。オーラがあります。ずうずうしい私もさすがに声をかけられませんでした。TV画面で見るとそうでもないのにねー。

 レセプションではいろいろな方にお会いしましたが、俳優さんなどの写真も撮らず食べ物ばかり撮っている私に皆さん???だったようです。グランドハイヤットのパーティー料理のレポートは又の機会に!!
[PR]
by madame-ym | 2005-10-23 02:40 | 徒然

フランス人

 まじめな寿司職人の若者と話していて、やっぱり私はフランス人なんだって思いました。(日本人なんですけどね)
 彼は5年吉兆で修行して、今 親の店を手伝っています。仕事に喜びを持って、しかも自分なりにいろいろ新しい料理を考えて頑張っています。定休日以外休みは全く取ったことないそうです。和食の職人さんってみんなそうですが、まじめなイメージですよね。体育会系のかんじ。
そういう人をみるといつも、私って極楽トンボ??これでいいのかしらん・・・と反省してしまいます。

 私はあれこれやりたいことがあって、(主に旅行と料理ですが・・・)友人宅で集まっておいしいもの食べたり、東においしいものがあると聞くと、遠くでも出かけて行ったり、西に面白いところがあると聞くとのこのこ出かけていったり・・・。そのために働いているようなものです。社会に役立つとか将来に向けて貯金してとか、それを生かして何かする・・・というのもありません。

 昔は回りにどう思われるか気にしていたのですが、人生いろいろあって、今では自分の人生、他人が幸せにしてくれるわけではないし、自分が幸せと思うことをしています(夫も巻き込んで・・・)。だから多分明日死んでも「あーたのしかったー」と言えます。人に迷惑かけてなかったらいいんじゃない?となってしまいました。ちょっと日本人の模範人からはみでていますね。でもフランスだったら当たり前の普通の人です。
 最近やっと市民権を得たような気がします。親も、まじめで変な趣味もない姉はいい子で、私はしょうがない子と思っていたようです。何をしでかすか解らない・・・と心配していたようです。
来月シリア、レバノン、ドバイに行くのですが、何も言わなくなりました。(あきらめただけか、シリアやレバノンという国を知らないだけか・・・)昔は「そんなことばっかりして・・・もっと堅実に・・・」と小言を言われたものです。
 
 でも私とっても楽しい人生ですよ!
 そう!社会に役立たなくてもいい!好きなことしましょ。グローバルなこの頃、日本人の「いい人」の枠にはまらなければならないことはありません!!明日どうなるかわからないことだし・・・。
 しつこいようですが、私のような人はフランスでは普通です。
[PR]
by madame-ym | 2005-09-27 14:32 | 徒然

災害

 台風が来ています。おとといはものすごい雨で、駅から5分の我が家へ帰るのにタクシーに乗りました。(私にしては珍しい)前が見えないくらいの大雨でした。
 徹ちゃん(夫)は騒ぎが好きなので大はしゃぎしていましたが・・・。(徹ちゃんは救急車の運転手になりたかったそうです)

 そういえば昔、子供の頃、我が家は木造の一軒家だったのですが、台風が来ると父が家中の窓に板を打ちつけ、1階の居間に家族全員集まって、ろうそくで一晩過ごしたものでした。いつもと違う夜で、それが楽しくてたまりませんでした。
 ビルになっちゃってから、そのワクワクする夜がなくなりました・・・。サッシだしね。停電もほとんどありませんよね。昔は雷くらいでよく停電になりましたよね。

 そう雨はやんでいたのですが・・・・。今朝徹ちゃんが私を呼ぶので、寝坊したのかと思ってあわてて起きると、マンションの前に消防車がいっぱい!!その後もサイレンとともにどんどん来ます。そして最初に到着した消防車がホースを持ってこのマンションに入ってくるではないですか!びっくりして管理室に電話をすると、「焦げ臭かったので念のため呼びました」とのこと。で、心配ながらも上から見ていたら、消防車大小あわせて10台に救急車1台、警察の車2台の大騒ぎ。徹ちゃん大はしゃぎ!
 5時半だったので、心配しながらも寝てしまいました。(こういう人が逃げ遅れる・・・)
e0015343_21314133.jpg



 以前は向かいのマンション(写真に写ってるマンション)の人がベランダでバーベキューをしていたら、上の階の人が火事かと思って通報し、やはりこのような騒ぎになりました。
 こんなのが続くと、狼と少年じゃないけど、いざ本当の火事の時逃げなくなっちゃう・・・。

 でも災害は忘れた頃にやってくる。今度の台風も大きそうだから用心ようじん・・
[PR]
by madame-ym | 2005-09-06 21:37 | 徒然

東京湾花火

 夏は花火でしょ!というわけで、東京湾花火に行って来ました。
花火を迫力で見たければ、お金をかけるか、作戦が必要です。
何度かマンションの屋上や海沿いのオフィスに招待されたことがありますが、ガラス越しじゃあ花火の醍醐味が半減。どおおーんという音とともに胸にずっしーんとくる振動が無ければ大画面のTVで見ていても同じでしょ?

 そういうわけで、昨年から友人がチャーターした漁船に乗せてもらうことにしました。e0015343_13352639.jpg
これです!
 屋形船だと屋根があって見えにくいから絶対これに限る!(花火は真上に上がるので)
 なんて言っていたら、大粒の雨が・・・。けっこう降りました。でも船室に入ると酔うので、外でビニールをかぶっていました。
 船はいつも最前線を確保します。打ち上げているのが見えるくらいのところです。ワクワク


e0015343_12183773.jpgこれは何でしょう?
 男性用の小用トイレです。パカッと小さいドアをあけて、そのまま・・・。
ちょっと!見えてますよ!!
でも男性っていいですねー。私はビールが好きではないので、トイレは大丈夫なのですが、船や電車のトイレって狭くて汚くて嫌ですね。








e0015343_12293736.jpg花火開始予定時間に丁度雨があがりました。よかったー。(でもまわりはびしょびしょ)すぐそこで打ち上げています。







e0015343_1232417.jpge0015343_12322029.jpg
花火ってきれいに撮れないんですけど(自分も船の上で揺れてるし)、ここまで近づくと、自分の視界に入りきらない位の大きさです。これって想像できますか?特にこのサスケ!!どおーんのあとたらりーと垂れてきて、最後に垂れている先がパチパチって光るのです。でかいし余韻が長いので一番好き!!以前は夫とふたり「ラスタマン」(レゲエなど演奏している黒人の髪型に似ているため)と名付けていましたが、「サスケ」ってどこかのポスターに出ていました。

 今回の発見ですが、船の荷物置きが一段高く、広かったのでそこに上って寝転んで見ました。花火が真上に上がるため首が痛くなるのです。で、花火の振動が前からきますよね?それから船の甲板もあたって震える振動が背中からも伝わってきて、迫力倍増でした。次回からはこれに限るね。

 あー今年も堪能したー!!
今回フランス人を連れて行ったのですが、「こんな大きい花火は初めてだし、こんな長い時間打ち上げ続けているのも初めてだあ!!」と興奮していました。なにしろ12000発!!にっぽんの夏を味わっていただきました。(お弁当のおにぎりも喜んでくれたし)



注意:


船:
 船に酔うので乗る30分前に酔い止め薬を飲みます。いつも大丈夫な人にもおすすめです。花火が始まるまでの待ってる時間、船は停まっているのでふわーふわーと揺れるのです。具合が悪くなって横になるとさらに気持ちが悪くなるのです。

 船の上は不安定なので、歩きやすい靴で動きやすい汚れてもいい服がおすすめ。今回みたいに濡れちゃうこともあるし。

 海の上は風があるので、パーカー系の上着は持っていったほうがいいです。

持ち物:
 いつも重宝するのがプチプチ。(引越しの時とかに割れ物を包むあれです)寝転ぶ時のクッション用に持っていくのですが、雨が降ったら合羽代わりにもなります。持ち運びも軽いし。

帰り:
 なにしろめちゃめちゃ混むので、ちょっと宴会を続けてからゆっくり帰るのがいいと思います。船の場合は船着場に帰って、下船して、とやっているうちに少しは空いているのでちょうどいいです。タクシーなんて絶対つかまりませんので、どうしてもの方は迎えを頼んでおくといいです。
[PR]
by madame-ym | 2005-08-14 13:40 | 徒然

戦争

 きょうは広島に原爆を落とされた日です。
 毎年この時期になると、戦争関係のTV番組が多くなります。
普段能天気に暮らしている私ですが、1年に一度くらいは平和について考えてもいいかなと思い、結構積極的に見ています。
 戦争の悲惨さを数字や映像で見るよりも、個々の方の体験談が一番身近に感じられ、涙無くては見られません。特に先日おばさんのだんなさんが大和に乗っていて亡くなったと聞いてから、益々身近に感じられ関心が深くなりました。なんだか戦艦大和って日本人の郷愁を誘いますよね?

 私、戦後生まれなのですが、なんだか戦争の記憶があるのです。防空壕に隠れていて、空襲があり、ひゅるひゅるっと爆弾が落ちてとても怖い思いをした記憶なのです。(爆弾が落ちる音がとてもリアルなのです)でも子供のころ見た映画の「大魔人」に追いかけられて逃げ惑う記憶もあるので、小さいとき見た映画かTVで心にインプットされてしまったのかもしれませんが・・・。

 広島といえば私の尊敬する秋葉忠利広島市長が今年も平和宣言しましたが、秋葉さんはアメリカに住んでいた頃「秋葉プロジェクト」という活動をなさっていました。アメリカの地方のジャーナリストを広島に招待して記事を書いてもらうという活動です。アメリカ人は学校で「原爆を落としたお陰で戦争が早く終わった」と習います。ですから原爆を落としてよかったと考えている人が多いのです。広島の原爆資料館を見てもらえば、核爆弾がどれだけ悲惨なものか少しは解ってもらえると思います。(その点でも日本の小中学校のどちらかの修学旅行は広島にするべきと思うのですが・・・)

 昨日の番組でもアメリカ人(原爆を作った科学者とか教育のあり方)に腹を立てていた私ですが、アジアの国に対しては日本は逆の立場なのだということも考えました。
 昔ヨーロッパを旅行していたとき、韓国人によく声をかけられました。私は目が丸くて垂れているので韓国人には見えません。「日本人でしょ?」と日本語で声をかけられるのですが、当時は韓国は海外旅行が自由化されていなくて(随分昔でしょ)、海外で会うのはビジネスマンが多かったです。で、皆さん日本語で話しかけてくるので「日本語お上手ですねー」と褒めたところ、おじさんたちは一瞬黙って顔を見合わせて「私達の時代はみんな日本語を習わされたのです」と言いました。今だったら習わされたという意味がわかっているのですが、当時は社会問題にもなっていないし、私も学校では習わないので知らなくて「えーそうなんですかー?すごーい!」なんて馬鹿みたいな返事をしていました。義務教育で英語を習わされてることと同じ意味だと思ったのです。本当に恥ずかしい・・・。
 また、中国へ行ったときも何も知らないで「盧溝橋」に観光に行きました。日本軍の残虐行為の記録にびっくり!そんなところだと全く知らないで行ったのです。シンガポールへ行った時も同じような体験をしました。
 それを見てから学校で習えなかったいろいろなことに関心ができました。

 過去のことなので、いまさらどうしろといわれても困るのですが、こんな事があったと心に留めておかなければならないことだと思います。
 盧溝橋の日本軍人だって戦争の前は普通の人だったかもしれません。戦争という異常事態が人を変えてしまうのでしょうか?日本人皆がそうじゃないんです!!アメリカ人だって同じ教育を受けているのに核に反対している人はいっぱいいます。
 私達にできることは、年に一回でもいいから平和のありがたさを実感して、絶対戦争をしてはならないと再確認することでしょうかねえ。

 いろいろ重い話になっちゃいましたけど、今日と終戦記念日くらいは平和のありがたさを考えましょう!!戦争で誰かが死ぬのは嫌です・・・。

 
[PR]
by madame-ym | 2005-08-07 00:09 | 徒然