旅と料理と日々のこと From ハワイ


by madame-ym
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヴォランティア

 ヴォランティア
この言葉が外人に一度で通じたことはない・・・。002.gif
発音が悪いせいだ。
日本語だと「ボンティア」であるが、英語だと「ヴォランティア」での発音とアクセントの場所が違うため通じない。っていうか、それを知っていて発音しても私のは通じない。008.gif
5~6回色々発音してみるとわかってくれる。

 以前議員の秘書をしていた時は、周りに色々な種類のボランティアをしている人がすごく多かった。でも自分では時間もお金の余裕も無くてしたことがなかった。
 ハワイに来て、ボランティアの本場だし時間もあるし・・・ってJCCHとクアキニ病院の2つをはじめた。

 JCCHは「日本文化センター」で日本からの移民の人たちの歴史の展示物を案内するボランティア。

 クアキニ病院は、日系人が入っている老人ホームが病院の隣にあって、そこの入居者の方たちと体操したり歌を歌ったりゲームをしたりするボランティア。
 私の班は歩くことが出来なくなった方たち(全員車椅子かベッド)で、80歳くらいから100歳以上の方達のところ。1/3位の方が自分の名前を忘れている。(でも歌は3番まで歌詞を覚えていたりする)みんなで大声で歌っている最中に寝てしまう人もいる。
 そのおばあちゃまたちが楽しそうに歌ったりゲームをしたりしているのを見ると本当にうれしい。自己満足とわかっていても「また来てね」って言われると「あー頑張ろう!」って思う。
 つらいのは、元気で大声で歌っていた方が、次に行った時ベッドになっていて、最近お見掛けしないなーって思っていると亡くなっていたりする事があること。007.gif御歳だししょうがないことではあるが、胸が痛い。

 そんなこんなで、2年半やってきた。皆さんの名前と顔が一致し、今日は元気が無いなとかわかるようになってきた。そんな矢先の帰国。きょうが最終日だった。

 いつものように遊んで、最後にお別れの挨拶をしたら、ひとりのおばあちゃんが泣き出した。私も泣けてきてウルウルしていたら、別のおばあちゃんも泣きだした。皆勤賞でいつも元気なおばあちゃんだ。007.gifなんだか悲しいけどうれしいねぇ。本当にこのボランティアやってきて良かった。035.gif

 日本に帰るとまた時間も余裕も無いと思うが、ほんの少しでも人の役に立つことを考えて生活していけたらいいな。056.gif
[PR]
by madame-ym | 2008-10-24 18:45 | 徒然