旅と料理と日々のこと From ハワイ


by madame-ym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

トレフミヤモト料理教室

 きょうは「トレフミヤモト」というフレンチレストランの料理講座に行きました。(私って教室マニア??)
 朝8時半に築地で待ち合わせ。で、シェフと一緒に買出しをして、その材料で作るんです。
朝ごはんは食べていったのだけれど、築地の時点でわたしのお腹はもうグーグー鳴り出して、ランチまで持つかどうか・・・。だっておいしそうなものがいっぱいな上、場外に出ると寿司屋はもちろんラーメン屋だのマグロ丼、うに丼がずらーり!!持って行ったチョコレートで誤魔化しましたが、焼け石に水・・・。

 きょうの築地でのびっくり!!は
e0015343_2347104.jpg
さめの心臓!
大きさはこぶし大。
本当に心臓の形しているのでリアルー!
刺身って書いてあるけどどんな味なのかしらん・・・。血だらけよねー。





e0015343_23483537.jpg
K1の撮影に来ていたフランス人のTVカメラマンも参加。
昨日の夜、宮本夫妻が寿司屋で隣り合わせた人とのこと。明日マルシェに行くって言ったら、連れてってくれということになったらしい。フランス人にしてはなんだかさわやかなハンサム君!と思ったら半分オランダ人とのこと。
 先日のK1の話題で盛り上がりました。


e0015343_062530.jpg
                 トレフミヤモト 入り口



今回のメニューは以下のとおり
e0015343_23563288.jpg戻りかつをの軽いスモーク仕立て
かつをがすばらしかった。
周りは野菜のマリネ








e0015343_23583713.jpg白身魚のア・ラ・ナージュ
ナージュは泳ぐという意味
フメ・ド・ポアッソン(魚だし)を作って、その中で魚を泳がせるの。(ゆでるってこと)
それを煮詰めてクリームとバターを加えたのは本当にフランス料理の基礎!コルドンブルーの頃よく作りました。
きょうはさすがプロ!フメ・ド・ポアッソンは魚も野菜もたっぷりでとてもいいお味でした。


e0015343_022414.jpgデザートにパンプディング(実習なし)
フランスのカランツ(干しぶどう)を使っているのでとてもまろやかな味でした。








        燻製方法e0015343_073995.jpg
塩、砂糖、コショウをして冷蔵庫で休ませる。
強火で周りをさっと焼いて冷蔵庫で冷やす。







e0015343_0154049.jpge0015343_015582.jpg










桜チップを空焼き。煙が出てきたらかつををのせて蓋をして3分~5分。 
またしても冷蔵庫で休ませる。先日の和食と同じで、さめるときに味は染みるため、半日くらい冷蔵庫で休ませた方がおいしいとのこと。ラップはしないのよ。

e0015343_0202472.jpg
               できあがりー つやつやいい!



燻製はいろいろなやり方がありますが、桜チップさえ買っておけば簡単なのでぜひお試しください。肉でもOK!羊、豚もおいしい。肉ならアウトドアーにもぴったりですね。(魚は冷やしたりしなくてはならないからだめかな)
[PR]
by madame-ym | 2005-11-21 23:27 | グルメ